ユーザー車検で16万が6万になった話

みなさん、こんにちはレヴォーグの2回目の車検に行ってきました。

ディーラーさんの見積はやはり同じく16万円ほど、値段が変わらないのはある意味進めるオプションが同じで徹底されているようでブレずきちっとしていてなんだか安心感を覚えます。

そして一度経験してしまえばお手の物、若干忘れていましたが自分が書いたブログを読み直してユーザー車検に行ってきました。

かかった費用は以下の通り。エコカー減税があれば重量税が安くなりますが、車検2回目以降は減税が無いので、そのままの金額でした。(いつのまにかスバルのカーディーラーに後ろの減税シール剥がされてました 笑)

・自賠責保険  25,830円  24か月
・重量税    32,800円
・検査印紙   400円
・審査証紙   1400円
合計金額: 60,430円

まずは車検を予約。前日の予約では午前中が全て埋まっていたので2、3日ほど前に予約しておいたほうが良いかと思います。午前中ができないともし、検査で光軸など何かしら引っかかった場合に、再度受けるチャンスが限られてしまいます。お仕事での休みを取るのも大変ですよね。

「自動車検査表」と「重量税納付書」、「継続検査申請書」の書き方は掲示板に事細かく書かれているのでパパッと書いてしまいます。前にも書いたかもしれませんがクリアファイルやクリップボードは100円ショップに売ってますので用意したほうが良いです。スムーズに進みます。

検査場に入る途中で待っているとかっこいいお兄さんが「同一性の確認」と「その周り検査」をしてくれました。夏休みも近いのでかなりの人がユーザー車検をされていて少しでも緩和するために持ち回りでやっているようです。ボンネットを開けて待っていると検査が終わります。

あとはすんなり終わりました。内容は前回と同じです。強いて言うなら今回はおじちゃんが見てくれておらず自分で進める感じでした。総合判定では今回もやらかしてしまい、通り過ぎてしまいました。でも特に問題ありません。一度車を駐車し、ちょっと恥ずかしいですが後で手持ちで「総合判定窓口」にもっていけば良いのですから。

以下、参考まで。こちらの備忘録が自分でも役に立ちました。

みなさん、こんにちは先日レヴォーグのユーザー車検に行ってきました。 いろんなサイトの記事を参考にしてユーザー車検をやってみましたので体...
それではユーザー車検その2です。ここではユーザー車検の手続き方法を説明します。 ユーザー車検を行うには 1.車検の予約 2.必要書...
その3では車検場で車検を受ける為の手続きの流れと段取りを書きます。必要なのは下記3点。 1.書類の用意と収入印紙の購入 2.自賠責保険...
その4ではいよいよ検査場に入ります。 その3の最後で、検査の受付に必要書類を提出した際に、職員さんに「検査場に入るにはどうすればよろし...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク