甲府の温泉に行ってみた(ほったらかし温泉)

横浜から甲府のほったらかし温泉へは国道16号をひたすらまっすぐ八王子方面、橋本駅の方まで走り、津久井湖の方から道志のほうに抜けていきます。(ごめんなさいこれは私が好きなルートを書いております。)

横浜からのもう一つのルートとしては246号線を厚木まで走り、412号線から上がっていくルートです。途中道志に抜ける前にオギノパンのお店があるのでおいしい揚げパンをほうばってから行く場合はこっちのルートを通ります。

上二つは財布に優しいルートですが混んだりしますので裕福な方は首都圏中央連絡自動車道(外環道(東京外かく環状道路))を「相模原IC」で降りてオギノパンを食べるのが良いでしょう(笑 裕福かつ目的地にいち早く辿り着きたい場合は中央高速道路の「一宮御坂IC」で降りるのが良いでしょう。

道志道はバイカーにとっては有名でカーブが「きつい×」「たのしい〇」ワインディングが楽しめます。私はバイクの納車後、毎週道志道を走ることで新車の感覚を掴む事ができました。関東圏の比較的近くにお住いの方は、走りの練習や走りのおさらいに道志道をおすすめします。(私は高速道路より下道派です^^まっすぐ走るよりクネクネ曲がったカーブが好きなのです。)

道志道はときどき物凄いスピードで走っている人がいるのでハザードランプつけて譲ってあげましょう。比較的地元の方は譲る傾向にあります。スピード出している人は根は良い人が多いのでハザード出して徐行すると挨拶して通り過ぎて行くと思います。

で、山中湖を上り、大きな落盤事故のあった笹子トンネルを脇見に下道(20号)を抜けると甲府につきます。ちなみに雨の日に笹子トンネルの近くを通った時には大型トラックが横転していて、迂回路で細かい道(212号線)を通りました。迂回の道を走るときは比較的険しい道が多いので気を付けて走りましょう。車だと対向車が来るとすれ違いがかなり厳しい道です。バイクで来た時は険しい道でエンジンの熱が上がったのかラジエーターから白い霧のような煙が噴き出してきて壊れたのかとかなりビビりました。(本田ドリームの人いわく、雨の日に白い蒸気のような噴煙(ゴムが焼けたような匂い)は普通のようです。)

笛吹川フルーツ公園を上がるとほったらかし温泉に到着です。笛吹川フルーツ公園を上っているときはフルーツの甘い香りとカキが熟しきって土に還っているような独特の香りが楽しめ?ます。帰りにフルーツを買っていくのも良いですね。

ほったらかし温泉は、もちろん車専用の駐車場も、バイク専用の駐車場もあります。(下はバイク専用駐車場)

バイク専用駐車場は入り口がわかりづらいのと狭い道を上がるので徐行して進んで行くことをお勧めいたします。もし通り過ぎた時には坂道でUターンせずに一度道が平面になっている所で折り返しましょう。入り口はわかりにくいので初見では見落としがちです。道も狭いですし行き来する車も多いので焦ってUターンすると非常に危ないです。大事なことなのでもう一度言います。Uターンすると非常に危ないです(><)コケルヨ

ほったらかし温泉はかなり人気の温泉のようで人が多い印象です。朝4:00(AM)に行ったことがありますが、すでに朝一に温泉に入りに来た家族がたくさん居ました。

あっちの湯とこっちの湯がありますが、私はあっちの湯の方が好きです。ちなみにロッカー等は普通ですのでスパや高級温泉?をイメージされている人は良く思わないかもしれません。ここはあくまでも温泉ですので温泉の気持ちで行きましょう。貴重品は車のシート下など車の見えない所に隠しておく、バイクは鍵がかかる収納に隠しておきしょう。(バイクの貴重品は財布・カメラくらいなのでロッカーでも良いかも)ちなみに受け付けはおじいちゃんとおばあちゃんがやっているようです。

ほったらかし温泉で良いと思ったのは、夜景です。甲府の町の明かりが一面に広がり美しいです。また空を見上げると満天の星空。暖かい温泉に浸かり寝ながら夜景と星空を楽しめます。

いろいろ疲れた時に来るとまた頑張ろうという気持ちになれました。おすすめです。

入浴料 大人:800円
子供:400円
朝ごはん定食:500円
HP:http://www.hottarakashi-onsen.com/


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク